プラレールの最小凸凸連結パーツを手作りする方法

子供とプラレールで遊んでいて、凸凸の連結パーツがあれば…ということがあり、おゆまる(プラスチック粘土)を使って作ってみたところ、簡単に作ることが出来ました。以下では、おゆまるを使った最小連結パーツの作り方を紹介します。

必要なもの

  • プラレール2本
  • おゆまる
    • 未使用の状態のおゆまるなら2cm程度
  • テープ
    • プラレールの固定用。マスキングテープ等

作り方

2cm程度にカットしたおゆまるをお湯であたためます。

作業をわかりやすくするために、黄色のおゆまるを使っていますが、青いおゆまるを使えば、基本のプラレールの色とよく合います。

 

レールをテープで固定して平らな所に置き、凹凹の連結部に温めたおゆまるを詰め込みます。入り切らない部分は周りに広げておきます。

 

おゆまるが冷めたらレールのテープを外しておゆまるを取り出します。穴に入り切らなかった分がバリとしてくっついているので、カッターやハサミで切り落とします。

 

完成です!プラレールの凹側同士を繋ぐことができます。

 

青色のおゆまるだと、こんな感じ。

 

子育て

Posted by T&H