第二種電気工事士 電線数とリングスリーブのサイズ

第二種電気工事士の試験等で出題される、電線の数とリングスリーブのサイズには決まりがあります。

じゃあその決まりを全部覚えるかというと、下の表のようになってしまうので、暗記が得意じゃなければ断面積で覚えたほうが楽です。

平方ミリメートルをsqで表し、直径1.6mm, 2.0mm, 2.6mmの電線の断面積を計算してみます。さらに、より線の断面積の規格で、近い値に近似させます。

直径1.6mm : 0.8×0.8×3.14=2.00 ⇒ 2.0sq
直径2.0mm : 1.0×1.0×3.14=3.14 ⇒ 3.5sq
直径2.6mm
: 1.3×1.3×3.14=5.31 ⇒ 5.5sq

この断面積と、電線の合計値でリングスリーブのサイズはほぼ決まります。

4sq (1.6mm線が2本の時のみ)は丸小スリーブ
8sq以下
小スリーブ
14sq未満
2.0mm線4本中スリーブ
14sq超
1.6mm線7本大スリーブ

2.0mm線4本と、1.6mm線7本はどちらも14sqですが、スリーブサイズが違うので注意が必要です。

 

パターンを一通り計算してみました。断面積の合計値でスリーブが決まっていることが確認できます。

1.6mm
(2.0sq)
2.0mm
(3.5sq)
2.6mm
(5.5sq)
合計
(sq)
スリーブ
2 4.0
3 6.0
4 8.0
2 7.0
1 1 5.5
2 1 7.5
5 10.0
6 12.0
3 10.5
4 14
3 1 9.5
4 1 11.5
5 1 13.5
1 2 9
2 2 11.0
3 2 13.0
1 3 12.5
1 1 7.5
2 1 9.5
3 1 11.5
1 1 9.0
2 1 12.5
1 2 13.0
1 1 1 11.0
2 1 1 13.0
7 14.0
5 17.5
3 16.5
6 1 15.5
2 3 14.5
1 4 16.0
3 1 16.0
2 2 15.8
1 2 14.5
1 2 1 14.5