牛乳パックで本格的ミニ絵本

材料・技法等
作った日2016年11月15日
作った人T

メグミルクのサイトに掲載されている牛乳パックを使ったミニ絵本の作り方(http://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft45.html)を参考に、絵本を作りました。

表紙を布で覆い、各ページは紙を隙間なく貼り付けているので、パッと見では牛乳パックだとは気づかないのでは…?

ちなみに、絵本の中身には白黒赤だけを使った簡単な形や模様が描かれています。

というのも、生まれたばかりの赤ちゃんの目で見ると世界は白黒で、コントラストがハッキリしているものが良く見え、次第に赤色を始めとして色を認識していくって何処かで聞きました。

というか、絵本の元ネタは↓です。

赤ちゃんが豊かに反応する パパ大豆の白黒赤絵本とポスターセット
  • パパ大豆
  • 価格   ¥ 2,592
  • 販売者 株式会社ハッピーチャイルド
クリックして今すぐチェック

図柄はPCでデザインしましたが、家のインクジェットプリンタで印刷するのでは耐水性に難があるということで、コンビニのマルチコピー機で印刷しました。

また、紙を牛乳パックに貼る時にシワを作らないように、トンボのシワなしピットを使って貼り付けてあります。

Tombow スティック糊 シワなしピット N PT-NAS スティックのり
  • トンボ鉛筆(Tombow)
  • 価格   ¥ 332
  • 販売者 アスカジャパン
クリックして今すぐチェック

ハードカバーの要領で、上手いことハギレを使って表紙を作って出来上がり!

抑えてないと開いちゃうんで、毛糸で縛ってみました。